2018年05月02日

今年の八十八夜は5月2日

『夏も近づく八十八夜〜〜♪』




このメロディーは皆さん聞いた事ありますよね!

ちなみにですがこの続きとタイトルはご存知ですか?


気になる方は【茶摘み】で検索してみてください!!


871018_s_wi.zip871018_s_wi.zip41bd43a6bf96cd8fcbe20393c8c058bb_s.jpg


ところで、「八十八夜とは?」



気になったので調べてみました!



八十八夜とは、季節を知らせる雑節(ざっせつ)の一つで、立春から88日目を八十八夜と呼び、夏へと季節が変わる日、夏の準備をする日、縁起の良い日などいわれています。



農家では八十八夜を過ぎれば霜が降りることがなくなり気候も安定してくるので農業を開始したり、茶摘みをおこなったりとしていくようです。

(ちなみに、八十八を重ねると米になるので農業の人にとって大切な日になったようです)



そして、なぜ八十八夜のタイトルが茶摘みなのかというと、この時期に新茶・一番茶が摘まれるので八十八夜とお茶はセットとなって覚えられています。



あっ、新茶と一番茶は呼び名が違うだけで同じものをいいますよ〜

また、この日のお茶を飲むと長生きできるなどの言い伝えもあるようで、とても縁起のいいお茶みたいです!



八十八夜をわかったうえで新茶を飲むとより格別なお茶になるかもしれませんね!


大岡山ステラ治療院HP





posted by tendon at 18:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする