2018年02月08日

今が旬の牡蠣

今が旬の牡蠣!



海のミルクといえば『カキ』!!


今まさに旬を迎えている食材の一つです。



調べてみると牡蠣には様々な栄養素を含んでおり、書いていて私も食べたくなってきたほどです。



さて、牡蠣は・亜鉛・グリコーゲン・鉄・タウリンが豊富に含まれています。


・亜鉛

食品の中でも最高峰の含有量を誇り、亜鉛は細胞の新陳代謝を促進し、免疫力向上、精力増強、美肌効果など身体の活性化にとても役立ちます!


・グリコーゲン

グリコーゲンとは主に肝臓に貯蔵されている栄養素で運動するときなどのエネルギー源として利用されます。

また、肝機能を高め疲労回復にも効果的です。


・鉄

ヘモグロビンを作るのに必要な成分で貧血の予防する効果があります。動機、息切れ、だるさにも効果的。


・タウリン

タウリンは血圧を下げる効果やコレステロールを下げる効果の他、疲労回復にも効果的です。


ところで、皆さんスーパーで並ぶ『生食用』と『加熱用』の違いってわかりますか?

多くの方は【鮮度】の違いだと思われていると思うのですが、実は【海域】の違いなのです。

保健所が定めた海域で育つ牡蠣によって『生食用』と『加熱用』に分けられるですよー!


豆知識です!!


それと、牡蠣は加熱したものと生で食べるのでは栄養素はどうなるのかというと、

加熱してしまうとビタミンやタウリンなどは減少してしまいますが、加熱することにより亜鉛は増加するようです!


 4c9d2da1837fe0548d893faea6613a25_s.jpg


しかし、牡蠣は注意が必要!


英語圏ではRのつく月(5月や7月)は牡蠣を食べるなと言われており、その理由としては産卵期に入り、みが痩せて味が落ち、活動量が減るため菌が繁殖しやすく食中毒になりやすいためです。

日本では『花見を過ぎたら牡蠣を食べるな』と言われるところもあるそうです。


その食中毒の主な原因はノロウイルスです。ノロウイルスは85℃以上で1分以上加熱すると死滅するので中心まで十分に加熱して食べるようにしましょう!

(生牡蠣にレモンやポン酢を垂らして食べるのも美味しいんですけどね〜。。。)



松本でした!

posted by tendon at 18:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする