2017年05月16日

この季節、『寒暖差疲労』にご注意を!


最近は暑い日が続いていると思ったら次の日には肌寒くなったり、朝晩はひんやりとして、日中は半袖姿になるほど暑かったりと目まぐるしく気温が変わっています。



こんな時『疲れた』と感じませんか?



この『疲れた』と感じるのは【寒暖差疲労】と呼ばれるものが原因となっています。



寒暖差疲労とはこの季節のような季節の変わり目の気温の変化によるものと、夏や冬に冷暖房と外気温の変化(温度差)についていけずに起こることがあります。



なので、春・秋は気温の変化についていけず、夏・冬は室内と外気温の温度差についていけなくなってしまい「忙しいとは感じなく、特に変わった事をしていないのに疲れている」と感じていて、季節の変わり目に体調を崩しやすく、夏や冬の冷暖房が苦手という方は寒暖差疲労の可能性があります。



さて、寒暖差疲労とは具体的にどんな症状が出てくるかというと。


・疲れやすくて身体がだるくなる。

・胃腸機能の低下(食欲不振、下痢、便秘)

・肩こりや冷え性

・頭痛、不眠

・免疫力の低下(風邪をひきやすくなる)

・物忘れや作業をしていても注意力が散漫になったり、すぐに飽きてしまう


このような症状があらわれます。



これらは何が原因というと【自律神経】の疲労があげられます。



身体は暑い時には血管を拡張して血液を身体に巡らせ、寒い時は血管を収縮させて血液の巡りを少なくさせて体温を調整したり、汗の調節などをおこなって体温を一定になるように調整していきます。



温度差があればあるほど調整するのにエネルギーを使いそれが積み重なってくると自律神経も疲労してしまい、ついには温度差についていけずにこのような症状をきたしてきます。



要するに寒暖差疲労とは自律神経の疲れとも言えます。


自律神経の疲れをとるには鍼灸・マッサージは有効な治療の一つです。

自律神経の疲れと表現されるのは交感神経の興奮が続いてしまっている状態から副交感神経への切り替えができなくなっている状態です。


鍼灸刺激は交感神経の興奮を抑えて副交感神経へのスイッチをスムーズにおこなう手助けをし、神経のリセットをおこないます。

マッサージの刺激は身体がリラックスしていく事により自然と副交感神経へ刺激を加えるので気持ちのいい刺激は身体の疲れをとり、自律神経の乱れを取り除きます。


新年度も始まり1カ月がたち、環境の変化の疲れと寒暖差による疲労が重なりやすい季節です。



寒暖差疲労を取り除き、気候に負けない身体づくりをしていきましょう!!!




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スッキリしたい大岡山・自由が丘・奥沢・洗足・武蔵小山近辺の皆様。


東急大井町線、東急目黒線ご利用の皆様へご案内。

大岡山にある、鍼灸マッサージ治療院です。
”しっかり治療、気軽にリラックス”をコンセプトにしています。

《一般治療》
•はり•きゅう•マッサージ•脊椎骨盤調整
•ストレッチ

《美容部門》
•フェイスマッサージ•美顔鍼

《心のケア部門》
•潜在数秘術セッション

【アクセス】
自由が丘駅から東急大井町線で3
(大井町行)
目黒駅から東急目黒線急行で6
(日吉行)
大井町駅から東急大井町線急行で6
(自由が丘方面行)

大岡山駅から徒歩2

【営業日&受付け時間】

平日am10:30pm8:30

土曜日am10:00pm7:30

木曜日・日曜日・祝日も営業している日が多々ございますのでお気軽にご連絡ください。


tel:03-3727-5630

ラベル:寒暖差疲労
posted by tendon at 18:18| 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする