2016年09月10日

私の理想像



こんにちは、松本です!


今回は少し私のことについて書かせていただきますね。


私は鍼灸マッサージの専門学校卒業からステラ治療院でお世話になり、治療を4年させていただいていております。

4年の月日は早く、患者様や院長に温かく見守っていただいていると感謝しております。


そのなかで、私は日頃の治療に対し、院長から『自分の思いをもっと治療に出しなさい、手に思いをのせて』と言われております。



私は自分の思いを表現することや相手に伝えることがとても苦手なのです。。。(泣)

自分の中で勝手に相手はこう思っているので言わないでおこう。。。きっとそう思っているから伝えないでおこう。。。



このように自分で勝手に相手との壁を作ってしまい、患者様と距離ができてしまっていることもあり、今回少しでも私の思いを出していこうとブログに書いていきながら学んでいこうと思った次第です。



そもそもなぜ私が治療家になろうかと思ったのかというと、小学校は少年野球、中学校、高校はテニスをしていて、将来も何か運動に関わる仕事に就きたいと考えている中で、自分のケアを怠り、膝や肘、肩などのケガを多くしていました。

競技に打ち込みたいが思うように体が動かせなかったり、痛みのせいで思うようなパフォーマンスができないなど、本来の自分を競技で表現できない歯がゆさや、葛藤に悩まされていました。



これを何とかすることはできないのだろうかと思いもあり、自分の中でスポーツをやる側ではなくトレーナーのようなケアをする側になりたいと思うようになったのがきっかけでした。

体を診ていく職業はたくさんあります。

アスレチックトレーナー、理学療法士、ドクターやパーソナルトレーナーなど様々な職種がある中で、

スポーツでの怪我や運動パフォーマンスの向上、そして、その人を治していくことができるのは鍼灸マッサージが有効と知り、自分に合っているのではないかと思い高校卒業後専門学校に進学しました。


専門学校では体の仕組みや機能などの西洋医学的分野、ツボや経絡などの東洋医学的分野を学んでいく中で、今までの学業ではあまり感じなかった自分の好きなもの、目指すものを学ぶ楽しさを感じることができたのは大きな経験になっていると感じています。

(もちろん、テストは厳しく、試験前などは苦しくて自分にはできないのではないのだろうかと不安になっていましたが )


そして治療家として仕事をさせていただいている中で、

今でももちろん体のことは学んでいますが治療家となり感じていることは



【患者様とつながること】


このことをもっと私自身大切にして学んでいきたいと思っております。


私が治療によって皆様と分かち合っていきたいことは『笑顔(^^♪』です。

どこかが痛いとき、思い悩んでいるとき、私もそうですが表情が硬く、考えもあまり前向きになれないことが多くなってしまいます。

しかし、その一つでも何かから解放されたとき、ほっとするような笑顔になれると思っています。



皆様の痛みが軽くなって笑顔になる、体が楽になり笑顔になる、気持ちも軽くなり笑顔になる、そのことによって私も笑顔になっています。

この笑顔をすべての患者様と共有していくことができたらと思いますがまだまだ私が未熟な故に壁や距離を無意識のうちに作ってしまっていました。



それは私が患者様とのつながりを恐れているところもあると思います。

これは自分が傷つくことへの恐れかもしれません。


患者様に認めてもらえなかったらどうしよう、返事をくれなかったらどうしよう。などの恐れです。


しかし、これも自ら作ってしまっていた壁や距離なのだと思います。

なので、まずは自分から患者様のことをもっと知りたいと壁を取り除きオープンになっていこうと思います!(その気持ちをいつも思い出すこと!)


以前こんなことがありました。

初めてご来院された患者様でどこどこがつらいとお話をお伺いし、問診、検査をおこない治療に入らせていただきました。


私はまずはこの症状を治さなければ!という思いが先行しすぎてしまい黙々と治療をおこなっていたのと、この患者様になんて話しかけたらいいのだろう。初めてだし話しかけて嫌われないかな?などという壁を作ってしまっていました。


しかし、その方との治療を重ねていくなかで、ふと、自分で作った壁を捨ててみようと思い話しかけてみるとこんなにもいろいろなことを話しかけてくださる方だったのか!!

と、びっくりしたことと、その方との関係がより近くなったように感じました。

治療後のお顔も心なしか以前よりも笑顔が増えているように思います。


そしてなりより、患者様との壁がなくなると私自身の心も軽くなり、より自然な私で患者様と接することができ、自然と私も笑顔が増えていきました。

患者様を治療させていただきながらも私は患者様から助けられていると実感しました。


私がおこなっている鍼灸マッサージの仕事は人に触ることでその方を治療していきます。

治療者の手から伝えられることはたくさんありますが、私はまだまだ未熟な故まずは『安心感』を患者様に手から伝え、その手からも患者様の壁を少しでも取り除き、私と同じく壁を作って思い悩んでいる方を一人でも多く笑顔にすることができたらと思っております。

そして、そのことが私は自分の治療家としての喜びにつながってくと思っております!



患者様ともっとつながることで、いざというときや本当に困ったとき、何気ない症状が体におきているとき、悩みを抱えているときなど、ステラ治療院に相談しに行こう。松本に相談してみよう!

そう思っていただけたら幸いですし、そういう存在になりたいです。



患者様とつながること、そして、皆様から信頼されること。そして、ステラ治療院に行ってみようというお声から、『松本の治療を受けに行こう』このようなお声をいただけるように努めていきたいと思っております。



まだまだ未熟な私ですが、精一杯努めてまいります。今後とも宜しくお願い致します!


松本和磨


大岡山ステラ治療院HPはこちら

posted by tendon at 18:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする