2016年09月08日

9月9日は重陽(ちょうよう)の節句



重陽の節句ってご存知ですか??



正直私はこの節句の事を知らずにおりました。


なので、今回は皆さんと一緒に重陽の節句について知っていこうと思います!


この重陽(ちょうよう)の節句は不老長寿を願うこととされ、別名菊の節句と呼ばれます。


昔は奇数は縁起の良い陽数、偶数は縁起の悪い陰数と考え、奇数が連なる日をお祝いするのがご節句の始まりです。

中でも一番大きな陽数の9が重なる9月9日を陽が重なると書いて重陽の節句となりました


昔は五節句を締めくくる行事として最も盛んだったといわれているのですが、今ではほとんど知られていない節句となってしまっています。

これは旧暦と新暦に差が生じているのも原因の一つで、菊の節句と呼ばれていながらも新暦の9月では菊はやや早い時期ですが、旧暦での9月9日は新暦の10月中旬にあたり、菊のキレイな時期でした。


この節句が日本に伝わったのは平安時代の頃で当時中国から伝わった菊は珍しく菊を眺めながら宴をし、厄払いや長寿を祈願していたのが江戸時代に節句の一つとなって親しまれるようになりました。


現在ではあまり親しみがないものの九州ではお九日(おくんち)と呼ばれ今現在も親しまれている、『長崎くんち』『佐賀県の唐津くんち』などはその名残でもあります。



重陽の節句は菊の節句とも呼ばれているため菊を楽しむ節句です。


・菊酒

日本酒の上に菊の花びらを数枚浮かべてお酒をたしなみます。



・被せ綿(きせわた)

節句の前日に菊の花に綿をかぶせておき、翌朝菊の露や香りを含んだ綿で身体を拭くと若返りができ、長生きできるとされていました。



・菊湯

湯船に菊を浮かべて入ります。



・食用菊

お浸し、お吸い物、てんぷらなどにして食べる、

菊は発がん予防効果や悪玉コレステロールを抑える効果とも言われています!



・栗ご飯

江戸時代から重陽の節句に栗ご飯を食べる習わしがあり、栗の節句とも呼ばれていることもあります。



・秋ナス

『おくんち』に茄子を食べると中風にならないといわれている。

(中風とは:脳出血などにより起こる麻痺や半身不随のこと)



また、重陽の節句は後の雛という風習があり、ひな祭りで飾ったひな人形を虫干しを兼ねて飾ったそうです。



皆様、なんとなくわかりましたでしょうか?

知っていた方は思い出していただき、知らなかった方は記憶の片隅にでも入れておいて家族や友人にちょっとした小話でもしてみてくださればと思います。



松本でした。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スッキリしたい大岡山・自由が丘・奥沢・洗足・武蔵小山近辺の皆様。


東急大井町線、東急目黒線ご利用の皆様へご案内。

大岡山にある、鍼灸マッサージ治療院です。
”しっかり治療、気軽にリラックス”をコンセプトにしています。

《一般治療》
•はり•きゅう•マッサージ•脊椎骨盤調整
•ストレッチ

《美容部門》
•フェイスマッサージ•美顔鍼

《心のケア部門》
•潜在数秘術セッション

【アクセス】
自由が丘駅から東急大井町線で3
(大井町行)
目黒駅から東急目黒線急行で6
(日吉行)
大井町駅から東急大井町線急行で6
(自由が丘方面行)

大岡山駅から徒歩2

【営業日&受付け時間】

平日am10:30pm8:30

土曜日am10:00pm7:30

木曜日・日曜日・祝日も営業している日が多々ございますのでお気軽にご連絡ください。



tel:03-3727-5630


☆ランキングに参加しています☆





posted by tendon at 18:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。