2016年05月04日

5/5はこどもの日♪




5/5はこどもの日ですね!

この日は端午の節句とも呼ばれ男の子の健やかな成長を祝う日とされています。

こいのぼりや兜、五月人形を飾る方もいらっしゃるのではないでしょうか。


さて、皆さんはこどもの日になんでこいのぼり??兜??と疑問に思ったことはありませんか?

お子様がいる家庭ではお子さんからの『なんで??』の質問攻めにあった時のために記憶の片隅にでも!




端午の節句の始まりは奈良時代で、端午というのは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で午と五の音が同じなので、毎月の5日を端午の節句としていたのですが、それがやがて5月5日になったと言われています。


こどもの日といえば、こいのぼり!なので、まずはこいのぼりから。

こいのぼり:中国の故事が元になっているのですが、黄河の急流に竜門と呼ばれる滝があり、それを登れたのは鯉だけで、登り切った鯉は竜になったと言われていて、男の子の出世を願う意味が込められています。

それと、元々江戸時代にのぼりをたてる習慣があったのとが合わさり、こいのぼりになっていったようです。


続いて鎧兜!

鎧兜:武家社会からの習慣で、兜や鎧には身を守る大切な道具なので、事故や病気から身を守ってくれるようにという願いが込められています。


そして、私が子供のころから『なんでだろう?』と思っていたのが『菖蒲湯』

しょうぶ湯:これは菖蒲には『勝負』や『尚武』(武道や軍事を尊ぶこと)にかけていて『たくましく育つように』と願いが込められています。



やはり男の子の日というだけあって『出世』や『勝負』などの意味が込められている物事をおこなうようになっていますね!


今度は食べ物♪

柏餅:柏の木は新芽が出るまでは古い葉っぱは落ちないので『子供が生まれるまでは親は死なない』といわれ、『子孫繁栄』の願いが込められています。



ちまき:これは、昔中国の屈原【くつげん】(この人については武将や、政治家などの記載があり、私自身知識がなかったのではっきりとはわからなかったのですが、偉い人というイメージでいいと思います。)という方が、裏切りや策略により湖に身を投じざるをえなくなり、それを悲しんだ周りの人たちが魚がお腹をすかして屈原を食べないようにちまきやお米をまいていたり、竜を追い払うためにちまきを使っていたようです。。

これにより、『災いを払う』と言われるようになり、ちまきを食べるようになったのが日本に伝わり日本でもちまきを食べるようになったようです。



今回端午の節句の事について調べていて、こどもの日に込められている子供への思いや愛情が習慣や食べ物を通じて伝えているとわかり、このような行事をもっと大切にしていかなければと感じました。



なんとなくこどもの日についておわかりいただけたでしょうか??


少しでも参考にしていただけたらと思います!


ホームページはこちらから⇒大岡山ステラ治療院HP


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


スッキリ⭐したい大岡山・自由が丘・奥沢・洗足・武蔵小山近辺の皆様。



東急大井町線、東急目黒線ご利用の皆様へご案内。


大岡山にある、鍼灸マッサージ治療院です。

”しっかり治療、気軽にリラックス”をコンセプトにしています。


《一般治療》

•はり•きゅう•マッサージ•脊椎骨盤調整

•ストレッチ


《美容部門》

•フェイスマッサージ•美顔鍼


【アクセス】

自由が丘駅から東急大井町線で3分

(大井町行)

目黒駅から東急目黒線急行で6分

(日吉行)

大井町駅から東急大井町線急行で6分

(自由が丘方面行)


大岡山駅から徒歩2分


【営業日&受付け時間】

平日am10:30〜pm8:30

土曜日am10:00〜pm7:30

木曜日・日曜日・祝日も営業している日が多々ございますのでお気軽にご連絡ください。


tel:03-3727-5630


☆ランキングに参加しています☆


posted by tendon at 16:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする